*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えび写真撮影Lv2
 どうも Coco-Bee です。


今日は 風が冷たい一日でしたが 仕事が休みだったので

嫁とココちゃんと一緒に 学資保険の相談に行ってきました

早くしないとあかんな~と思いながら なかなか行くヒマがなく

今日になってしまいましたが。。。結局 契約はしてません^^;

でも 行って良かったです

「保険見直し本舗」という 

無料で理想の保険内容を考えてくれるところへ行ってきました。

ファイナンシャルプランナーの方に いろいろわかり易く説明して頂き

自分の保険や嫁の保険の 見直しまでしてもらいました

で 結論として。。。無駄な保険に長いこと入っていたみたいです

難しい説明は出来ませんが 嫁の場合 今のままの保険だったら・・・

20年間で 100万円捨てるようなものだとわかりました・・・

100万円・・・あれば・・・とびきり極上のえびが数匹買えますよね

掛け捨ての保険を契約されている皆さん。。。ぜひ 保険の見直しをしてみてください



では 今日は えび写真撮影Lv2 いきましょう

・・・ちなみに 前回は。。。 「えび写真撮影」

Lv2は 「被写界深度(被写体深度)」 についてレポートします^^

その前に 今回使用するカメラは 前回と同じ↓

coco-camera1.jpg
・カメラ:Canon EOS Kiss X4
・レンズ:TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
  

被写界深度というのは

「ピントが合っている様に見える範囲」 のことを指しています。

表現としては。。。

範囲が広いと被写界深度が深い 

範囲が狭いと被写界深度が浅い と言います。

実際に 写真で見てみましょう


【被写界深度が深い場合】

ピントを合わせた被写体と手前や奥のものがシャープに写ります。

sanpuru8.jpg
(F22 SP1/6 ISO3200:室内)


【被写界深度が浅い場合】

ピントが合っている被写体はシャープに写りますが

手前や奥のものは ぼけて写ります。

sanpuru7.jpg
(F2.8 SP1/320 ISO3200:室内)

ピントの合っている被写体だけが 浮き上がって見えますね^^

被写界深度が違うと 雰囲気の違う写真になります

水槽内で比較すると

sanpuru3.jpg
(被写界深度が深い写真です)

sanpuru4.jpg
(被写界深度が浅い写真です)

下の写真の方が ブリクサ綺麗に見えますよね???


被写界深度と絞りの関係は。。。

被写界深度

絞りを調整することで シャッタースピードも調整しないと

適正露出にはなりませんので いろいろ設定を変えて

試してみると面白いですよ^^

えびを撮影する時は 被写界深度を浅くして

出来る限り 背景をぼかすと 浮き上がってとても綺麗に見えます。

coco-bee60.jpg
◆設定:F2.8 SP500 ISO1600 ヴォルテス1灯

(画像縮小とトリミングにより画質が悪くなっています・・・

coco-bee61.jpg
◆設定:F5.0 SP125 ISO1600 ヴォルテス1灯

・・・というより・・・モデルのえびが・・・レベル低い・・・ですね^^;


sanpuru6.jpg
(ちょっと露出オーバーですね^^;)
◆設定:F4.0 SP160 ISO1600 ヴォルテス1灯


※ 一般的なコンデジの場合は レンズの焦点距離が

  短いので 被写界深度の浅い写真を撮るのは難しいと言われています。


えびの写真ばかり撮っていると。。。嫁が・・・

ココちゃんも撮ってよ~・・・と立腹してました^^;

では 一枚 パシャ!

cocone35.jpg
◆設定:F2.8 SP500 ISO3200 室内)

と いうことで 今回のレポートは終了します^^;

長々と最後まで見て頂き ありがとうございました


今回の記事は あくまでも ド素人がちょっとだけ勉強して

書いたことなので 間違いなどありましたら 遠慮なくご指摘ください




最後の最後に 今日のココちゃんです


今日初めて しゃべりました

「アウ アウ アグ~」

・・・

・・・たしかにしゃべった感じしましたが・・・ナニか?

それと あやしたら 初めて笑いながら声出しました

わが子の 成長を感じた 瞬間でした

cocone36.jpg



一生懸命しゃべろうと頑張っているココちゃんに
応援のポチっとをよろしくお願いいたします
       ↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村 


 
              またいつの日か えび写真撮影Lv3をレポート
             しますので よろしくお願いします・・・いつの日かね^^;
             ・・・その前に撮影技術を磨かないと。。。


スポンサーサイト
えび写真撮影
どうも Coco-Bee です。


。。。寒い

雪が降って 子供のように はしゃいで・・・

そして 冷やかし程度の雪は すぐに止んでしまいました・・・

先日 がんばって洗車したのに。。。またドロドロ

春よ 早く 来ておくれ 


さて 前回 予告しました「写真撮影」について

がんばってレポートしたいと思います


まず最初に 基本的な知識としまして。。。

 写真を撮る場合 外部の光をレンズを通して画像素子へ当てることで
撮影を行います。この「光」の調整が良い写真を撮る時の大前提となります。
綺麗な写真を撮るためには 「光」を 「どれだけの量」「どれだけの時間」
画像素子へ当てるかがポイントになります エラそうに。。。

簡単に言いますと。。。

ちょうどいい光の量を当てないと 綺麗な写真は撮れないという事ですね^^

そのちょうどいい光の量を当てると 「適正露出」になります。

ん?適正露出ってナニ?

で どうしたらいいの?ってことになりますが。。。

まず 光を取り込むことを「露出」と言い 写真の明るさに直結します。

「露出」とは。。。ナニ?

光を「どれだけの量」画像素子に当てるかを調整する「絞り(F値)」

光を「どれだけの時間」画像素子に当てるかを調整する「シャッタースピード」 

この「絞り」と「シャッタースピード」によって 決定されるのが「露出」です^^

そして 「絞り」と「シャッタースピード」は反比例の関係にあります。


「絞り」とは。。。ナニ?

はい 「絞り」は 「F値」 で表され

2.8, 3.2, 3.5, 4, 4.5, 5, 5.6, 6.3, 7.1, 8・・・29, 32

と続きますが これって√2(1.4)を掛けているそうです・・・?

ややこしいのでスルーします

「F値」は 数値が小さければ小さいほど 多くの光を通すので

明るい写真になり 大きければそれだけ 光を遮断して暗い写真

になります。


「シャッタースピード」とは。。。ナニ?

はい 「シャッタースピード」 (以下SSと省略します)は シャッターの

開いている時間のことで。。。 

SSが1/100秒だと シャッターの開いている時間は

1/100秒という意味です・・・?

・・・?

つまり SSを速くすると シャッターが開いている時間が

短くなりますよね。 なので 光の当たる時間が短くなり

写真は 暗くなるのです。

逆に SSを遅くすると 光の当たる時間が長くなり

写真は 明るくなります・・・ややこしい。。。

簡単に言いますと

SSが速ければ暗く 遅ければ明るい となります


あと 「ISO感度」ってありますが。。。

画像素子がどれくらい光に対して敏感に反応するかを示す値です。

つまり 感度が高いほど 少ない光の量で 「適正露出」になる

ということです。ISOの調整も大切ですよね^^


なかなか文章では わかりにくいと思いますので

表にまとめてみました。
 
1基本データ
(細かい数値は省いていますので 参考程度に見てください^^;)

さ~て それでは。。。 

実際に 撮影した写真を見ながら 比較してみてください。

おっと まずは 今回使用した カメラとレンズですが

coco-camera1.jpg
・ボディ:CANON EOS kiss X4
・レンズ:TAMRON SP AF90㎜ F/2.8 Di MACRO1:1

※今回の撮影に関しては ↑のカメラとレンズで検証していますので
 他のカメラ レンズをお持ちの方は 参考程度に見てください


カメラとレンズさえあれば 大丈夫って思っておられるのでは。。。

いやいや 私が一番大事だなと思うのが これです↓
coco-sankyaku.jpg

そうです! 三脚です

・・・そんなこと 当たり前って。。。

でも 使ってない方もおられるハズ!

ぜ~たい 使ってくださいね

撮影には この固定が 大切なのですよ^^

上の写真は 下がカーペットになっていますが

できれば 直接床の方が いいと思います。


それでは 本題に。。。

最初に 勉強しました「適正露出」ですが

例えば 露出が 絞りF5.6  SS1/125秒で

適正露出だとしまして。。。

オーバー適正
1アンダー

3枚の写真を比較して。。。 

左上 が露出オーバー(明るすぎ) F3.5 SS1/60秒
右上 が適正露出(ちょうどいい) F5.6 SS1/125秒
下 が露出アンダー(暗すぎ)  F6.3 SS1/160秒

ちなみに
 
モードダイヤルは (マニュアル)
ISO感度は それぞれ 1600設定
照明は VORTICE 1灯(30W)
照明からソイルまでは 約40cm

そして 続きまして。。。

【設定】 F4.0 SS1/250秒 ISO1600
bee1.jpg

【設定】 F5.6 SS1/125秒 ISO1600
bee2.jpg

【設定】 F8.0 SS1/60秒 ISO1600
bee3.jpg

この3枚は すべて設定が違います。

  「絞り」と「シャッタースピード」の組み合わせで

  結果的には 3枚とも 同じ適切な明るさになります


この点が 最初に言いました 反比例の関係なんですね^^


さぁ それでは この設定が えび撮影には適切なのか。。。と

また そこが マニュアルには収まらない難しさなんですね^^;

その人の 好みだと思いますが。。。

個人的に これはいいって思う設定は

 F4.5 SS1/100秒 ISO800~1600

この設定は かなり明るくなりますよ^^ ほんと好みで。。。^^;

えびがどこにいて どこをポイントに撮影するか

そして 照明の光量によっても設定は 少しずつ

変わりますので 色々試すのがいいと思います。


飼育環境が 人それぞれ違うので その水槽にあった

えびが綺麗に いきいき写る 設定を見つけましょう


って エラそうに言っている自分も。。。まだまだ勉強中ですので。。。


ブログをされている方 オークション出品されている方

その他 多くの方が 自分のえびをより綺麗にアピール

するには。。。 やっぱり 写真撮影ですよね

オークションされている方なんて それこそ 死活問題に

なることだと思うので ぜひ がんばって綺麗に撮影して

頂きたいと思います^^

coco-bee21.jpg
 F4.5 SS1/100秒 ISO1600

coco-bee22.jpg
 F4.5 SS1/100秒 ISO1600


。。。まだまだ 私も 特訓しなければ。。。

もっと 学習して より詳しく報告できるようにがんばります^^v



今回のレポート。。。ココちゃんと過す時間を かなり削って

学習しました・・・ココちゃん ゴメンね 嫁も。。。すまん


さぁ 今から 会いにいくからね~


長々と お付き合い ありがとうございました^^

この記事は 独自の主観ですので プロの方は。。。
スルーしてください^^;



プロフィール

心希パパ

Author:心希パパ
のんびり ぼちぼち えびライフ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
こよみカレンダー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Coco-Beeへようこそ♪

カウンター
やっぱりレッドビーシュリンプでしょ!
リンク
SHOPリンク
世界水草レイアウトコンテスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。